A nice interview on Gif Magazine about my GastaLoops!

 

作品解説

 特にルールは決まってないよ。アイデアはたいてい日に1時間の職場まで歩いている間に思いつくんだ。ロンドンは美しくて本当に刺激的だ。
 GastaLoops は要約すると、モーグラフ、あとモーションキャプチャーのデータを使える。私は少しシュールなのが好きだね。

 I don’t have a set of rules. New ideas are usually coming during my daily 1 hour long walk to work. London is beautiful and can be truly inspiring.
The GastaLoops can be abstract, mograph or they can use motion capture files. My favourite are the ones a bit surreal.

制作環境・使用ツール

 I’m currently creating an animated looping gif everyday. The project is called GastaLoop.
 I love setting some limits, it helps being creative. For this project these are: 3 colours (ivory, coral, black), 50 frames, 800x600px.
 Mainly I use Cinema4d. But a lot of the loops are done in After Effects or Photoshop. I’m trying to make some in Houdini.
 But a tool is just a tool. The big challenge is to create something interesting and decent everyday, keeping up with my job and my family.

「GIF」という表現の作品を作るに至った背景やきっかけ、思いがあればお教え下さい。

  一日の計画の中で自分を試したかったんだ。みんな忙しい生活を送っているけど、その中で実際に何をすべきかを選ぶ。私はもうテレビシリーズを見て騒がないし、PS4で遊びすぎたりしない。たとえほんの30分でも何かしようとする。何かを作る事全てがすばらしい事だ。

 I wanted to test myself in a daily project.
Everyone has a busy life, but we all actually choose what to do.
So, I don’t binge watch tv series anymore. I try to play not too much with my PS4. Even if it’s just 30 minutes, I’ll try to do something.
Making is always great.

「GIF」という表現手法をどう捉えていらっしゃいますか。

   私はシェアリングを信じている。そしてインターネットの能力を。見てよ、私は今ロンドンからコンピュータであなたとやりとりしている。見たこともない場所にいる、ある人とはたぶん直接会うことがない。すごくない?
 GIFアニメはこの素晴らしい能力を持っている。どこでも見られて、簡単にハードドライブに記憶でき、携帯電話とたくさんの私が知らないソーシャルネットワークでシェアされている。
私は作者として、私のGIFアニメから、私の名前を削除することを選び、世界中で自由にさせている。ある人はそれが私のものと知り、私はそれを見つけて詩的なものを感じる。
 私は日常の繰り返しの中から小さな物語を作ろうとした。ある時は私の考えを入れた。とにかく毎日、それが私の時間、クラフトワークだ。

 I believe in sharing. And in the power of internet.
Look, I’m now writing to you, from my computer in London, to a place I’ve never seen, to someone probably I’m never going to meet. Isn’t it great?
 GIFs have this amazing power: they can travel. They are easily saved on hard drives and mobile phones and shared on so many social networks that I probably even never know.
I, as author, choose to remove my name from my GIFs, free them in the world. Someone will know that it’s me and I find a poetry in this.
 I try to create small stories in my loops. Sometimes I put my thoughts. And, anyway, everyday, it’s my time, a craft work.